お知らせ

追悼

2020年9月29日お知らせ

花柳寛様のご逝去を悼み、謹んでお悔みを申し上げます。

花柳寛様とは花柳流承継について袂を分かつ事もございましたが、多くの創作を手掛けられ、日本舞踊界以外の方々とも交流され、数々のご功労を残されたことに深く敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

私は三世宗家家元花柳壽輔から受け継いだ遺志を大事に、寿柳流宗家家元として流祖の教え、道を守り、古典舞踊、思想を継承し、伝統文化である日本舞踊の更なる発展のため、今後とも精進してまいる所存です。

寿柳 貴彦

寿柳流第一回総会・懇親会 延期のお知らせ

2020年3月31日お知らせ

年明けの会報でもお伝えいたしましたように、令和2年5月23日に寿柳流の第一回総会・懇親会を東京會舘にて開催する予定でおりましたが、昨今のコロナウイルスによる世の中の情勢を鑑み、総会を延期とさせていただきたく存じます。

既に会費をお振込いただきました方には、順次返金のお手続きをさせていただきます。
新たな日程につきましては決まり次第ご連絡致します。 

一日も早く日常が戻りますよう祈るばかりです。 どうぞ皆様くれぐれも体調に気をつけてお過ごしくださいませ。

寿柳流家元事務所

追善舞踊会 ご報告

2020年1月15日お知らせ

昨年11月26日に歌舞伎座にて寿柳流を挙げて二世花柳壽輔五十回忌、三世花柳壽輔十三回忌の追善舞踊会を開催致しました。 昼夜二十七番組、二千名を超えるお客様にお越しいただき、温かい拍手と声援に包まれ大盛況のうちに無事終えることが出来ましたこと、ご報告いたします。

開催にあたりまして数えきれないほど多くの方々のご理解とご尽力を賜りました事、改めまして深く御礼申し上げます。

 

 

 

 

もっと見る

寿柳流について

平成19年5月23日に三代目お家元が亡くなられて以降、本来の花柳流は11年間にわたり途絶えた状況にあります。
そこで、花柳貴彦改め寿柳貴彦は、三代目お家元からお流儀を託された者として、本来の花柳流を再興するべく、初代、二代目及び三代目お家元の精神を受け継ぐ新たな流儀である「寿柳流(としやぎりゅう)」を立ち上げることとしました。
形式的には新たな流儀の立ち上げ、すなわち「創流」ですが、初代花柳壽輔を流祖とし、二代目花柳壽輔及び三代目花柳壽輔の思いを受け継ぐ流儀です。
そのため、「花柳流」から「柳」、「花柳壽輔」から「壽」(「寿」)の文字をいただき、「寿柳流」を流儀の名称といたしました。

宗家家元・寿柳貴彦
宗家家元・寿柳貴彦

寿柳流の流祖について

  • 初代花柳壽輔初代 花柳壽輔
  • 二代目花柳壽輔二代目 花柳壽輔
  • 三代目花柳壽輔三代目 花柳壽輔

お流儀のあり方

  • 初代から三代目お家元までの精神を受け継ぎ、従来の振りを尊重して流儀の「芸」・「心」を伝承する
  • 流儀の維持及び発展を第一とし、私利私欲を捨て、一門を何より大切にする
    ①名取試験の公正な実施
    ②門弟の経済的負担を縮小
    ③流儀会計の公正(詳細の開示)
    ④外部有識者の協力等により、公明性・社会性の高い流儀運営を旨とする

寿柳流の運営に関する諸事項

  • 宗家家元は寿柳貴彦とします
  • 寿柳流の名取には「寿柳」を苗字とする名取名(芸名)が認許されます
  • 流儀のお稽古場及び事務所は小舟町wakaba(日本橋小舟町9丁目12番)とします
  • お浚い会も実施いたします
  • 毎年5月23日の創流記念日に総会を実施します

 

入門のご案内

本格的に日本舞踊を志す方は勿論、お子様や初めて日本舞踊に触れる方、女性、男性どなたでも学んでいただけます。 お一人お一人に寄り添ったご指導を心がけております。

入門料  10,000円

月謝   10,000円/月3回 

              (曜日についてはお問い合わせください)

見学・体験も随時承っておりますので下記までご連絡ください

         寿柳流家元事務所 03‐6264‐9729

お稽古場

東京都中央区日本橋小舟町九丁目12番wakaba [GoogleMap]

お稽古場看板

【電車でお越しの方】

  • 東京メトロ 日比谷線、都営地下鉄 浅草線「人形町駅」から徒歩6分
  • 東京メトロ 銀座線、半蔵門線「三越前駅」から徒歩10分